Python勉強中のトロッコです。
今回は楽しいmatplotlibから散布図グラフを作成してみましょう。


matplotlib 散布図 基本

まずは基礎をおさえるため、散布図グラフを作成していきます。




pythonの中でもとっつきやすいのがmatplotlib。データがビジュアライズ化されるのプログラムの動きが一目瞭然!

プログラミンしたい子


今回、紹介するpython matplotlib

・python :まずは散布図の基本グラフを作ろう
・python :散布図プロットの色を変更してみよう


Python matplotlib 散布図の作成
まずは基本グラフ

まずは、ビジネスの現場でよく出てくる散布図グラフの基本から進めてみましょう。


import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

# XとYの2つのデータを用意します x = np.random.rand(20) y = np.random.rand(20)

# グラフの箱を作りましょう
fig = plt.figure() ax = fig.add_subplot(1,1,1)

matplotlib 散布図 箱

ax.scatter(x,y)
ax.set_title('x and y scatter') ax.set_xlabel('x') ax.set_ylabel('y') fig.show()

matplotlib 散布図 基本


無事に折れ線グラフが表示されました!
これはらくちんですね。





Python matplotlib 散布図の作成
色をつけてみよう

続いて、データの分類を色で可視化してみましょう。
先ほどのコードを利用して、変わったところをピンクしています。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

x = np.random.rand(100)
y = np.random.rand(100)

fig = plt.figure()

ax = fig.add_subplot(1,1,1)

#プロットに色をつけ、大きさも変えてみよう ax.scatter(x,y,s=200, c="yellow", edgecolors="red") ax.set_title('first scatter plot') ax.set_xlabel('x') ax.set_ylabel('y') fig.show()

散布図のプロットの色と大きさが変わりました。

matplotlib 散布図 色変更


まずはmatplotlib散布図のグラフの基本形はマスターです!






名言動画 人気記事はこちら>
↓ クイーン フレディ・マーキュリーの名言はこちら
フレディー・マーキュリー 死や生の意識 名言

↓ アインシュタインの名言はこちら
英語で知ろう アインシュタインの名言




マーケティング人気記事はこちら>
お菓子が売れる!昭和の名前マーケティング

成長し続けるコメダ珈琲 差別化戦略

お菓子が売れる!昭和の名前マーケティング

他人事では無い 森永チョコフレーク生産中止について

おせち料理予約はなぜ9月、10月に注文開始されるか?